Pocket

男性の加齢臭はノネナールが原因のものだけではありません。30代~50代の男性にはもう1つ「ジアセチル」という物質が原因のミドル脂臭というものがあります。このミドル脂臭とはいったいどのようなもので、どのような発生メカニズムがあるのかを紹介していきます。

加齢臭とミドル脂臭

加齢臭の一種、もしくは似たようなものに、ミドル脂臭があります。これはもともと、男性化粧品メーカーである株式会社マンダムの研究にて発見されたもので、ミドル脂臭の原因物質を効果的に抑える方法も発見をしています。

では、ミドル脂臭ですが、加齢臭と同じように加齢に伴い発生しますので、厳密には加齢臭なのですが、ニオイの発生元が加齢臭の原因であるノネナールではありません。ノネナールは脂肪酸を過酸化脂質が分解することで発生します。

一方、ミドル脂臭は汗の中に含まれている乳酸を皮膚常在菌である、ブドウ球菌により分解・代謝された際に発生する「ジアセチル」と「皮脂臭(中鎖脂肪酸)が混ざることで発生します。本来は汗の中に乳酸は混ざらないのですが、加齢とともに汗腺の機能が低下することで、汗の中に乳酸が混ざりやすくなります。

ミドル脂臭は30代~50代に発生して、30代後半~40代にかけてピークを迎えます。特に後頭部、頭頂部、そして、うなじを中心に発生します。そのため、自分では中々気が付かないという欠点があります。また、このミドル脂臭と加齢臭を勘違いしてしまう方が多くいます。

加齢臭い関しては耳の後ろなどの皮脂腺が集中している場所からニオイってくる傾向がありますが、ここをティッシュでこすり、加齢臭のブルーチーズのようなニオイがしないものの、枕などの寝具が臭い場合はミドル脂臭かもしれません。

ミドル脂臭の発生メカニズム

ミドル脂臭の発生メカニズムですが、下記の通りです。

  1. 皮脂腺から、皮脂が分泌される
  2. 皮膚の常在菌により皮脂が代謝分解される<、中鎖脂肪酸を排除する
  3. エクリン汗腺から汗が分泌される
  4. 皮膚の常在菌のブドウ球菌が、汗の中から乳酸を代謝、分解して増殖し、ジアセチルという不快なニオイ成分を排出する
  5. ジアセチルと中鎖脂肪酸が混ざることで、ミドル脂臭に変化し、皮脂に蓄積されます

ミドル脂臭の対策方法

40代の男性は、汗をよくかく部分がワキから後頭部、そして首の後ろへと変化していきます。後頭部から首の後ろの汗が多くなるとミドル脂臭が発生する可能性が高くなります。

また、加齢と共に頭皮脂は粘度の高いものに変化していきます。そして、その頭皮脂には蓄積する傾向があります。

対策方法としては、ミドル脂臭のニオイ成分であるジアセチルを作る、過剰に存在する皮脂の常在菌を殺菌するものがいいでしょう。また粘度の強い頭皮脂をしっかりと落とすことのできる洗浄力の高いシャンプーというのも有効です。

ただし、頭皮に合わない洗浄力の強すぎるシャンプーを使用してしまいますと、頭皮に必要な脂まで洗い流してしまい、逆に皮脂が大量に作られる原因になります。そのため、頭皮の様子を見て、試してみるのが重要です。肌が弱いのであれば、無理に洗浄力や殺菌力の強いシャンプーを使う必要はありません。

まとめ

加齢臭の原因は、ノネナールです。これは、脂肪酸を過酸化脂質が分解することで発生するニオイです。一方、30代~50代、特に40代男性がニオイのピークを迎えるミドル脂臭というものがあります。これは、汗の中の乳酸を皮膚の常在菌が分解することで発生するジアセチルが原因です。

古い脂のようなニオイがするジアセチルですが、後頭部や頭頂部からニオイがしますので本人は中々気が付きません。株式会社マンダムの研究で発見されたものであり、対策商品はマンダムがいくつか販売しています。

ただ、洗浄力が強いシャンプーなので、肌に合わないと感じた場合は無理に続けてしまうと逆候化です。

Pocket