Pocket

男性の加齢臭、特にノネナールが原因の加齢臭に関しては、40代以降から注意をする必要が出てきます。女性に関しては男性とは異なり、早い人の場合は30代からノネナールが原因の加齢臭が発生します。多くの女性は閉経にともなう更年期以降にはノネナールが原因の加齢臭には注意をした方がいいでしょう。今回は30代から発生する加齢臭の原因を紹介していきます。

男性と女性の加齢臭

加齢臭といえば、男性特有のものと思われますが、加齢にともない女性の身体からも発生するニオイです。ただ、男性の方が加齢臭は強い傾向がありますので、加齢臭=男性のニオイとなります。

加齢臭=男性となっているのは、女性の方が化粧品や香水などを利用してニオイをマネジメントしており、さらに男性とは異なり同じスーツを毎日着用するわけではないので、男性より加齢臭が目立たないだけです。

また、男性の場合は、ノネナールが原因の加齢臭の他に、体臭のニオイの成分が確認されています。汗や皮脂の量は男性の方が多く分泌されており、汗臭さと加齢臭が混じった独特の強い臭気をともなう方もいます。

研究中の分野ではありますが、男性からは生ごみと同等な不快感のある体臭というのも存在します。また、タバコを吸われている方は、ここにヤニ臭い口臭もプラスされますので、加齢臭=男性と思われても仕方ないでしょう。

女性と加齢臭

女性の加齢臭の発生原因は、閉経に伴い女性ホルモンの分泌量が減少するからです。男性とは異なり、女性は女性ホルモン優位の状態になります。女性ホルモンが優位なので汗をかきにくいように体温が低く、皮脂の分泌量も多くありません。

しかし、閉経が起きる更年期あたりになりますと、女性ホルモンの分泌量が一気にガクッと減ります。そうしますと、男性ホルモンの方が分泌量は多くなりますので、男性と同じように加齢臭が発生します。

男性の加齢臭が顕著にあらわれる年齢が40代ごろであり、女性は40代後半です。

女性は40代後半に加齢臭が発生するわけですが、中には30代で加齢臭が発生する女性もいます。この原因は女性ホルモンの減少なのですが、女性ホルモンの減少の原因は閉経ではなく単純にストレスです。

ストレスと女性の加齢臭

女性の加齢臭に関してですが、過度なストレスを慢性的にかけられていますと、30代であっても、女性ホルモンが減少します。これはストレスが原因でホルモンの分泌量が狂ってしまっている状態です。

つまり、若年性更年期障害と呼ばれている疾患を引き起こしている場合、30代であっても女性は加齢臭が発生します。

特に男性以上の上昇志向を持っているキャリアウーマンの方に、この若年性更年期障害が起きやすいといわれています。女性なので男性以上の実績や力量が必要になるケースが多く、そのせいで精神をすり減らしてしまい、過度にストレスがかかりホルモンの分泌量が乱れてしまいます。

適度なストレスは必要ですが、過度なストレスというのは加齢臭を強くする原因になりますので、女性に限らず男性も注意をした方がいいでしょう。

まとめ

30代の女性の中には、加齢臭が発生する女性が存在します。

女性の加齢臭に関しては40代後半の閉経に伴う更年期により女性ホルモンの量が減ることで、男性ホルモンが優位になり、加齢臭が発生します。

しかし、30代の女性で、慢性的に重度のストレスに晒されている場合、ホルモンバランスが乱れてしまい、若年性更年期障害を引き起こす可能性があります。このように若年性更年期障害を引き起こすと、女性ホルモンの分泌量が乱れますので、30代であっても加齢臭に悩まされることになります。

ニオイのマネジメントの他に、ストレスに晒されているのであれば、ストレスマネジメントも加齢臭対策としては必要不可欠です。

Pocket