Pocket

加齢臭は一般的に男性の体臭と思われがちですが、女性も加齢と共に加齢臭を発することがわかっています。そして、加齢と共に女性の方が加齢臭はきつくなり男性の方は加齢臭がきつくなくなると言われています。例外は多々ありますが、その理由について今回は紹介をします。

女性の方が加齢臭はきつくなるのか?

加齢臭の原因はノネナールです。このノネナールは脂肪酸の一種である9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質により酸化することで発生しますが、男性と女性ともに40代を過ぎたころから急激に分泌量が増えます。

加齢臭はオヤジ臭ともいわれるくらい男性の方が顕著にニオイます。しかし、ノネナール自体は男性も女性も同じように臭うのです。ただ、男性の方が皮脂腺は多く皮脂の分泌量が多いので女性よりもノネナールのニオイというのは強くなるのです。

また、喫煙や不摂生は男性の方が多く、これらは加齢臭のニオイを強める原因にもなります。タバコのヤニ臭さも相まって男性の方の体臭というのが気になるわけですが、加齢とともに女性の方が加齢臭はきつくなります。

女性の加齢臭が出てくる時期は閉経前後の更年期頃です。閉経をしますと女性ホルモンの分泌量が減りはじめます。女性ホルモンというのは、皮脂の分泌量を抑制するものですから、この女性ホルモンが減少するということは皮脂の分泌量が増え、それに比例して加齢臭の原因であるノネナールの量が増えるといえるわけです。

男性はどうなのか?

一方、男性ですが、男性は加齢と共に男性ホルモンの分泌量が低下をします。男性ホルモンの一種であるテストステロンは20代、30代をピークに減少をはじめますので、男性に関しては年齢が高くなるにつれて、逆に加齢臭というのは少なくなるのです。

特に60代を過ぎてしまうと男性は皮脂の分泌量が、男性ホルモンの低下と同様に少なくなりますので、男性は高齢になればなるほど、加齢臭のニオイは減少していきます。

女性は加齢と共に加齢臭が強くなる

男性は加齢と共に皮脂の分泌量が減りますが、女性の場合は皮脂の分泌量を抑えていた女性ホルモンの分泌量が低下していけば、皮脂の分泌量が増えていきます。年齢を重ねていくごとに女性の場合は女性ホルモンの分泌量が低下していき、皮脂の分泌量が増えるので、高齢になればなるほど、加齢臭のニオイというのはきつくなる傾向というがあります。

つまり、ある年齢を境として男性よりも女性の方が加齢臭はきつくなり、男性の加齢臭に眉をひそめていた女性の方が逆に眉をひそめられるという事態にもなりかねないわけです。

まとめ

女性は加齢とともに加齢臭がきつくなります。この理由としては、女性ホルモンの減少が大きな原因です。女性ホルモンが減少をすることで、女性は加齢臭の原因になる皮脂を多量に分泌するようになります。そして、女性ホルモンは加齢を続ける限り分泌量は低下する一方なので、ある年齢、特に60歳くらいを境に女性の方が男性よりも加齢臭がきつくなります。

男性は男性ホルモンが原因で皮脂の分泌が多く、加齢臭がきつくなりますが、男性ホルモンは加齢と共に分泌量が減ります。そのため、次第に加齢臭はきつくなくなるり、年をとればとるほど女性に比べ加齢臭は気にならなくなる傾向があります。

Pocket