Pocket

男性は男性ホルモンの分泌量が減れば、加齢臭のニオイはきつくなくなります。一方、女性は女性ホルモンの分泌量が減りますので加齢臭がきつくなります。ある年齢を境に男性と女性の加齢臭のニオイの強さは逆転をして、女性の方が加齢臭はきつくなるのです。今回は、女性の加齢臭を抑える方法を紹介します。

女性ホルモンと加齢臭

男性とは異なり、女性は閉経前後から女性ホルモンの分泌量が減少を始めます。女性ホルモンのエストロゲンというものの働きにより、若い頃は男性と比較をすると女性は皮脂の分泌量は少なくなります。

皮脂の分泌量が少ないということは、脂肪酸の分泌量も少なく、脂肪酸が酸化することで発生する加齢臭の原因であるノネナールの量も多くはありません。つまり、女性は女性ホルモンの分泌量が多い内は加齢臭などには悩む必要はないのです。

しかし、たとえば、ストレスなどで自律神経が乱れ、それの影響を受けて女性ホルモンの分泌量が少なくなったり、加齢にともない女性ホルモンの分泌量が少なくなったりすれば、当然ですが皮脂の分泌量が増えますのでノネナールが発生する要素というのは整うわけです。

また、男性は年齢を重ねるごとに男性ホルモンの分泌量は低下をします。そのため、ある年齢を境にして女性の方が加齢臭のニオイというのは強くなります。なぜなら、女性ホルモンは加齢を重ねるごとに減少をし続けるからです。

女性の加齢臭予防方法

女性の加齢臭は年齢を重ねるごとに強くなりますが、これを予防する方法はあります。それは女性ホルモンの分泌量を減らさないようにすればいいのです。また、女性ホルモンを食べ物によって摂取すればいいわけです。

女性ホルモン、特にエストロゲンに関しては、その働きに似た作用を持つ食品があります。それが大豆です。大豆に含まれる大豆イソフラボンを摂取すると体内で女性ホルモンのエストロゲンに似たような働きをします。大豆を食べるほかに市販のサプリメントとしても販売をされていますので、思いのほか簡単に摂取することは可能です。

女性ホルモン補充療法

医学的な方法も存在しており、更年期障害の治療方法である女性ホルモン補充療法を受けることで、女性ホルモン補充することも可能ですが、こちらに関してはあくまでも一時的な効果しかなく、最期の手段と考えるのがいいでしょう。

漢方薬やハーブ

女性ホルモンの分泌を促したり、働きをサポートさせる漢方というのも充実しています。

オタネニンジン(朝鮮人参・高麗人参)のような漢方の世界では有名なものを摂取することで、女性ホルモンの働きをサポートしてくれます。

まとめ

女性ホルモンの分泌量は、加齢と共に減少をしますので、結果として女性は加齢と共に加齢臭がきつくなる傾向があります。また、ストレスなどで自律神経が乱れると女性ホルモンの分泌が低下するので若くても加齢臭がきつくなることがあります。

このような場合、女性ホルモンに似た働きをする大豆を摂取することで、分泌量が低下している女性ホルモンの働きをサポートすることが可能です。大豆を摂取する他にサプリメントなども販売されていますので、比較的容易に女性ホルモンを摂取することができるでしょう。また、漢方薬やハーブなども有効です。

そして、最終手段としてどうしても加齢臭が気になるという場合は、更年期障害の治療の1つである女性ホルモン補充療法があります。これは女性ホルモンを直接体内に補充する方法であり、病院で受けることができる治療です。

Pocket