Pocket

加齢臭は男性特有のニオイと思われていますが、加齢によって女性も加齢臭に悩まされることになります。しかし、一般的に女性の加齢臭は問題になることは多くありません。これは女性ホルモンの影響が強いのですが、今回は女性の加齢臭について紹介をしていきます。男性の加齢臭とどのような差があるのでしょうか。

加齢臭は男性特有のニオイ?

加齢臭に関しては、男性特有の老化現象として例に挙げられていますし、男性特有の現象であるという認識があります。いわゆる「オヤジクサイ」「オヤジ臭」が加齢臭、もしくは加齢臭が混ざっている体臭であるという認識になっているでしょう。

しかしながら、加齢臭に関しては女性であっても、加齢が原因で発生するようになります。

一般的に男性が加齢臭を発生するのは、40代からです。一方で女性ですが、早ければ30代から、遅くても40代後半のいわゆる更年期頃から加齢臭が発生します。

更年期頃から加齢臭が発生する理由

女性は、閉経により女性ホルモンの分泌量が減少することが原因で加齢臭が発生します。つまり、加齢臭の原因物質であるノネナールの生成を女性ホルモンが阻害していると考えてもらって問題はありません。

しかし、女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、閉経にともない分泌量が一気に減少しますので、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。その結果、閉経以降は男性ホルモン優位の状態になります。

本来エストロゲンは、女性が女性らしくあるために必要なホルモンであり、男性よりも体温が低い原因もエストロゲンです。エストロゲンをはじめとした女性ホルモン優位の状態では、男性と比べると体温が低いので、その分、汗や皮脂の分泌量は男性と比べると少なく、男性のように汗などで体臭がきつくなるということはありません。

その女性らしくあるために必要なエストロゲンは、閉経と共に分泌量は減少していきます。そうなると男性ホルモンによって脂肪酸を含んだ皮脂の分泌量が増えます。また、活性酵素の抑えも効きにくくなりますので、脂肪酸の成分である9-ヘキサデセン酸が活性酵素により活発的に酸化され過酸化脂質になります。

この過酸化脂質はノネナールを作る原因物質であり、結果として更年期以降の女性からは加齢臭が発生するようになります。

女性の加齢臭のニオイの強さに関して

女性の加齢臭のニオイの強さに関してですが、男性よりは問題にはなりません。これは、男性に比べて女性が普段からニオイケアを積極的に行なっているからです。

また、男性と比較してニオイに敏感な方が多く、男性よりも清潔にこだわることが多いので、男性のような酷い加齢臭になるというケースは少ないといわれています。

さらに、服装の面からみた場合であっても男性は毎日同じスーツを着る傾向がありますが、女性の場合は同じスーツを身にまとうケースが少なく、化粧品、香水などで体臭のマネジメントを行なっていますので、男性のような周囲に迷惑がかかるような強い加齢臭にはなりません。

しかし、化粧品や香水を使って加齢臭を誤魔化しているだけなので、根本的な体質改善、生活習慣の改善を行なうことにより、加齢臭の発生量を減らすという加齢臭ケアは遅かれ早かれ行う必要はあります。

まとめ

加齢臭は男性、特に「オヤジ」のニオイの代名詞のようなものとなっていますので、男性の方が加齢臭に伴う問題というのは多いのです。しかし、加齢臭は男性のみならず30代以降、特に閉経が始まる前後の更年期頃の女性においても発生するものとなります。

つまり、加齢臭は女性も発生するのです。

女性に関しては女性ホルモンのエストロゲンの働きによって、ノネナールの生成が抑制されていますが、閉経とともに女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少することで、男性とどうように加齢臭が発生します。

Pocket