Pocket

加齢臭の間違った対策方法として、香水があります。香水は確かに良い香りがするのですが、加齢臭を隠すために使用するというのはあまりいい方法ではありません。スメルハラスメントになりかねない悪臭になる可能性があります。今回は間違った加齢臭対策の香水について紹介をしていきます。

加齢臭と香水

香水を利用して加齢臭を誤魔化すというのは、多くの方が実践している加齢臭対策方法の1つであるとは思いますが、その使い方を間違えてしまいますと、周囲の人々に引かれてしまうほど悪臭になる可能性があります。

香水とは体臭と香水の香りが上手にマッチングすることが重要です。しかし、体臭を隠すために香水を過度に使用してしまいますと、体臭と香水のニオイが混ざってしまい、強力な悪臭になってしまうのです。

香水は体臭を誤魔化すだけであり、時間の経過で香水のニオイは落ちていきます。一方、体臭は時間経過とともに強くなる傾向があります。香水を使用しても体臭を一時的に誤魔化すことはできても根本的に加齢臭の改善にはならないということです。

加齢臭の対策としては、香水は不向きです。もちろん、根本的な加齢臭の対策をおこなったうえで、香水を適量使用するのであれば、ほんのりといい香りがして、周囲の人々から好感をもたれることになるでしょう。逆に、加齢臭の対策として香水を使用してしまいますと、加齢臭と香水のニオイが混ざり周囲の人々からは敬遠されてしまいます。

加齢臭対策にはお風呂

加齢臭に限らず、体臭の対策には入浴が非常に有用です。特に、加齢臭に効果のある石鹸を使用して体を洗うことで、毛穴に詰まったニオイの原因である脂肪酸や過酸化脂質を洗い流すことが出来ます。

さらに、皮膚の常在菌が異常繁殖しないように殺菌をすることで、皮膚の常在菌が加齢臭の原因を作るのを阻害することが出来ます。

また、日常的にシャワーで済ませている人は湯船に入る習慣をつけた方がいいでしょう。湯船にはいることで汗腺の働きを活発化させます。運動不足の方は基本的に活発に活動している汗腺の量が少なくなります。

普段から汗腺があまり活動せず、汗腺のほとんどから汗をかかないと、汗腺には老廃物や角質や不純物などがたまりやすくなります。そして、たまに汗をかいてしまえば、汗腺に溜まっている老廃物も汗に混じり出てきます。この老廃物のたまった汗というのは皮膚の常在菌のエサになりますので、活発に分解されて非常に嫌なニオイがするようになります。

加齢臭を気にするのであれば、毎日お風呂に入り体を洗うだけではなく、きちんと入浴をして汗をしっかりかくようにしましょう。湯船の温度はそこまで高くなくてもいいのです。汗をかくことが目的なので、ぬるま湯で長い時間入るというのでも構いません。

まとめ

加齢臭対策で間違った方法は、香水です。香水で体臭を誤魔化そうとしてしまいますと、体臭と香水のニオイが混ざってしまいとても酷い悪臭になってしまいます。そのため、加齢臭対策として香水を使用するのは非常に不向きです。加齢臭を抑えてから香水を使用することで、香水の本来の働きを期待することが出来ます。

加齢臭を落とす方法としては、入浴です。体をしっかり洗い入浴して汗腺から汗を流すことで、加齢臭を改善させることが出来ます。

Pocket