Pocket

自分の加齢臭に関してですが、やはりなかなか、自分では気がつきにくいものです。特に40代以降の男性というのは気をつけた方がいいでしょう。しかし、生活習慣が乱れている場合は30代からでも十分、加齢臭には気をつける必要があります。今回は自分で加齢臭をチェックする方法を紹介していきます。

加齢臭の原因は?

加齢臭の原因というのは、ノネナールという成分です。これは、皮脂腺と呼ばれる場所から分泌された脂肪酸が酸化することで、ノネナールが発生します。

ノネナールのニオイの特徴として、個人差はありますが、ブルーチーズやロウソクのようなニオイがします。また、脂っぽいニオイとも言われています。

男性と女性、関係なくノネナールは分泌されますが、皮脂腺から分泌される皮脂の量は男性の方が多いので、加齢臭に関しては男性の方がきつい傾向があります。

加齢臭に関しては、独特のニオイがありますので、すぐにわかると思われます。ただ、自分の体臭なので鼻が慣れていますので、日常生活において自分では気がつきません。

加齢臭のセルフチェック方法

加齢臭に関してですが、他人からは中々指摘しにくいものです。そのため、セルフチェックを小まめに行うことが重要になります。特に、加齢臭は朝がもっともニオイがします。そのため、セルフチェックをするタイミングというのは、朝がいいでしょう。会社に行く前などにチェックをすることができれば、心理的な余裕にも繋がります。

セルフチェックの方法ですが、簡単な方法としてあげられるのが、ティッシュを使用するものです。ティッシュを使い皮脂腺が集中していて、特に加齢臭のニオイの元になる可能性の高い耳の後ろに、ティッシュをおしあてて拭い、ティッシュのニオイを嗅いで、ノネナール独特のニオイがするのであれば、加齢臭が出ていると考えていいでしょう。

耳の後ろ、特に付け根の部分が湿っている場合、そこをティッシュで拭うことで加齢臭の有無がわかります。

また、耳の後ろ以外にも、胸をティッシュで拭うことでも加齢臭が出ているのかがわかりますが、胸元に関しては服の下に隠れてしまいますので、着用している服には加齢臭がこびりつきますが、周りの人に不快感というのは与えにくい部分でもあります。

寝具などを使って加齢臭をセルフチェック

加齢臭ですが、頭皮からも加齢臭のニオイはします。ただ、頭皮の場合、鼻から遠い場所になりますので、自分で頭皮の加齢臭に気が付くというのは、なかなか難しいといえます。

このような場合、寝具、特に枕を利用して加齢臭が出ているのかをチェックする方法がありますが、加齢臭を始め自分の体臭に関しては鼻が慣れていますので、一度、お風呂に入りしっかり体を洗って嗅覚をリセットしてから、枕などのニオイを嗅ぐといいでしょう。

嗅覚をリセットしてから行うことがポイントです。

服などについた加齢臭を知る方法

寝具などで加齢臭を知る方法を前述しましたが、自身の洋服についている加齢臭をセルフチェックする方法もあります。

体を洗い、嗅覚をリセットした後に、ビニール袋に服を入れてニオイを嗅いでみると、自分の服にどれくらい加齢臭が付いているのかがわかります。

まとめ

加齢臭をはじめ体臭に関しては、他人が指摘するのが難しいものです。そのため、自分で加齢臭なのかどうなのかをセルフチェックしましょう。

加齢臭は朝がもっともニオイがきつくなりますので、耳の後ろ、付け根の湿った部分をティッシュで強くふき取り、ティッシュのニオイを嗅ぐことで加齢臭が出ているかどうかが解ります。

また、お風呂などに入り嗅覚をリセットした後、自分の枕のニオイを嗅ぐことで自分では中々わからない、頭皮からの加齢臭がでているのかどうかがw刈ります。

服についた加齢臭に関しても、ビニール袋に服を入れてニオイを嗅ぐことで、自身の加齢臭のセルフチェックをすることが出来ます。

Pocket