Pocket

加齢臭は体内の酸化反応が原因で起きるものです。そのため、加齢臭には加齢臭用の予防方法があります。ワキガ予防や体臭予防のための努力をしてもニオイを強める可能性があります。今回は体を洗っても加齢臭が消えない場合の対策方法を紹介していきます。

加齢臭の原因は体内の酸化が原因

加齢臭のニオイの原因物質はノネナールです。このノネナールに関しては、皮脂腺という場所から発生する物質です。ノネナールを作る元凶が過酸化脂質と脂肪酸です。過酸化脂質と脂肪酸が体内で発生する原因というのは、体内で酸化反応が活発に起きることです。

つまり、体内の過剰な酸化反応を抑制することで、加齢臭を根元から抑えることが可能です。

酸化反応の原因は?

酸化反応が活発に起きる原因としては、下記のものがあります。

  • 活性酸素の発生
  • 食品添加物
  • 喫煙
  • 農薬
  • 睡眠不足
  • ストレス

体内の酸化反応を防ぐ方法とは?

体内の酸化反応を防ぐ方法としては、下記のようなものがあります。

  • 禁煙
  • 有酸素運動をおこなう
  • 抗酸化作用のあるサプリメントを飲む
  • 食生活を整える

禁煙

タバコについては、百害あって一利なしといわれるほど、現在ではメリットのないものとされています。タバコを吸うことで過酸化水素を体内に吸収します。この過酸化水素はタバコの煙に多く含まれているものなのですが、過酸化水素は活性酸素の1つであり、吸うことで酸化反応が促進されます。

また、酸化反応を阻害する栄養素のビタミンCを破壊する効果もタバコにはありますので、体の酸化反応を抑えるには喫煙は効果的です。

タバコそれ自体が、体臭、口臭の原因にもなります。単純にタバコを止めるだけでも気になる体臭、口臭を抑えることができるでしょう。

有酸素運動をする

ジョギングなどの全身運動が有酸素運動です。有酸素運動をすることで、体内の脂肪の燃焼が促進されたり、健康増進に効果があったりします。有酸素運動の基本は最大心拍数の40%~65%程度でおこないます。

最大心拍数の計算方法は220から自分の年齢を引いた数が最大心拍数に近くなりますので、その最大心拍数の40%~65%程度になるように心拍数を意識しておこないましょう。

無理をするとストレスになりますので、無理のない範囲で週3日程度を目安におこなうといいでしょう。

抗酸化作用のあるサプリメントを飲む

これに関してですが下記の成分が含まれているのが有効です。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • βカロチン
  • リコピン
  • コエンザイムQ10
  • 白金ナノコロイド
  • アスタキサンチン

これらはすべて抗酸化作用に優れていますので、食生活にプラスαとしてサプリメントを利用することをおすすめします。野菜などが嫌いであるという方は特にサプリメントで補いましょう。

サプリメントを摂りつつバランスのとれた食生活というのが理想的です。

食生活を整える

簡単にいってしまえば緑黄色野菜を多く摂るようにしましょう。

また、酸化の他に体臭をきつくする肉などは控えるようにしましょう。アルコールもたしなむ程度が理想的です。

まとめ

体内の酸化反動が活発化することで、加齢臭が発生しやすくなります。活発化した酸化反応を抑えない限り、無現に加齢臭の原因であるノネナールがわいて出てきますので、根本的な加齢臭の予防のためには酸化反応を抑えることが重要です。

そして、酸化反応を抑えるためには、下記のものが有効です。

  • 禁煙
  • 有酸素運動をおこなう
  • 抗酸化作用のあるサプリメントを飲む
  • 食生活を整える

問題として、有酸素運動と食生活を整えるのは難しく、即実行することは困難です。そのため、禁煙と抗酸化作用のあるサプリメントの摂取からはじめていくのが一番です。なにより、禁煙が重要であり禁煙をすることで体臭改善、口臭改善にもつながります。

Pocket