Pocket

加齢臭の主な原因物質であるノネナールですが、皮脂腺からにじみ出てくるように分泌される皮脂成分である脂肪酸が酸化することで、発生するニオイです。皮脂腺の多くは上半身に多くなります。また、場所によっては皮脂腺が集中していますので、重点的に皮脂腺が集中しているところを奇麗にしなければ、加齢臭を抑えることは難しくなります。今回は、皮脂腺が集中している場所を紹介します。

ノネナールが発生しやすい場所

ノネナールは、加齢臭の原因です。そして、ノネナールは皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することで発生するニオイです。

皮脂腺に関しては、上半身に集中しているのですが、この皮脂腺が集中している部分をきちんと洗わなければ、体の他の部分をいくらキレイにしたとしても、加齢臭を抑えることは難しくなります。

耳の裏側・首筋

耳の裏側から首筋にかけてノネナールは発生しやすい場所になります。また、耳の裏側や首筋にかけては、ノネナールが最初に発生しやすい場所であり、ノネナールのニオイは次第に全身にニオイがおりてきます。

自分が加齢臭なのかを判断する場合、耳の後ろを軽くこすり、何等かのニオイがするのであれば、ノネナールが作られ初めているということです。そのため、速く対策を立てましょう。

また、耳の後ろや首筋にかけて念入りに洗うことで、加齢臭を抑えることができます。

背中・首から胸にかけて

ノネナールですが、背中や首から胸にかけてのいわゆるデコルテの部分も発生しやすい場所となっています。背中や首から胸にかけては、面積が広い場所ですから汗も多量に分泌されます。

そのため、汗のニオイとノネナールのニオイが混じってしまうと、非常に悪臭となります。また、背中や首から胸にかけては、通常、服の下になり、服が密着していますので、ニオイ移りしやすい場所であるといえます。

頭にも皮脂腺がありますので、ノネナールは発生しやすくなります。頭に関しては鼻から遠いので自分でニオイをかぐことというのができませんから、ついつい手入れをしないことが多いでしょう。

しかも、頭は蒸れやすい場所なので、他の部分よりもノネナールのニオイというのは強烈になる傾向があります。加齢臭対策用のシャンプーできちんとケアをしましょう。

ワキの下

ワキの下にも皮脂腺が集中していますので、ノネナールが発生しやすい場所になっています。また、汗腺も集中していますので、汗をかきやすく、ワキガの原因になる部分でもあります。

ノネナールのニオイとワキガのニオイが混ざった場合、非常に不快なニオイになります。

ワキガに関しては、ノネナールとは別の治療方法が確立されていますが、基本的に清潔にしえいれば問題はありません。

加齢臭かな? と思ったら

加齢臭が発生しやすい場所を紹介しましたが、基本的にノネナールは全身から分泌されます。今回、紹介した部分からは特に発生するのですが、もし気になるようでしたら、ティッシュなどで紹介した部位を軽くこすり、ニオイを嗅いでみるといいでしょう。

頭皮に関しては、寝具、特に枕のニオイをかぐことで、ノネナールが発生しているのかがわかります。

まとめ

ノネナールというのは、皮脂腺から分泌された脂肪酸が酸化することで発生するニオイです。皮脂腺に関しては、体中にありますが、特に上半身には多いのです。

そして、加齢臭のニオイに関しては、耳の後ろや首筋にかけてが、最初にノネナールが発せしやすい場所になります。特にこれらの部分は外部に晒されていますので、清潔にしておくことで加齢臭を周りにふりまかずに済む可能性が高くなります。

また、頭部の加齢臭に関しては自分でニオイを嗅ぐことが難しい部位になりますので、ケアに関しては特別気にする必要があります。

Pocket