Pocket

加齢臭を強める原因の1つに、喫煙習慣があります。喫煙習慣は加齢臭のみならず、体臭や口臭の悪化の原因にもなります。口臭や体臭に関してはなんとなくイメージが付くとは思うのですが喫煙習慣が加齢臭をきつくするなぜなのか今回は紹介をしていきます。

タバコによって活性酸素の生成量が増加する

タバコの喫煙習慣に関しては、加齢臭を悪化させる原因になります。なぜ、加齢臭がきつくなるのかといえば、タバコを吸うことで活性酸素の生成量が増加してしまうからです。

また、タバコを吸うことにより体内のビタミンが破壊されてしまい、結果として加齢臭の原因であるノネナールの生成量が増加してしまうわけです。

その上で、タバコを吸うことで体全体から独特のニオイがするようになります。ハッカのような独特の体臭の方がいますが、それはタバコが原因の1つです。

加齢臭を気にするのであれば、禁煙を検討する必要があります。

タバコにより、新陳代謝が低下する

タバコは活性酸素の生成量を低下させるだけではありません。タバコを吸うことで新陳代謝の機能を低下させることがわかっています。

また、血液に関しても粘り気のつよいドロドロした血液となるうえ、血管も硬くなりますので血行が悪くなります。血行が悪くなることで体中の老廃物が体外への排出が阻害されます。そのため、皮脂の悪臭が強くなる傾向があります。

前述の通り、体内で活性酸素の生成が促進されますので、悪臭が強い皮脂と反応してよりニオイ強いノネナール、加齢臭が発生します。

タバコにより、ビタミンCが破壊される

タバコを吸うことで、体内にあるビタミンCをはじめとした複数のビタミンが破壊されます。

タバコを吸うことで破壊されるビタミンCは、加齢臭の原因になる脂肪酸と脂肪酸を分解する皮膚の常在菌の異常な繁殖を抑える効果、つまり、抗酸化作用、抗菌作用を持っているのです。

しかし、タバコを1本吸うことでビタミンCを25mg~100mgが破壊されるといわれています。人間が1日に摂取できるビタミンCの量が100mgなので、1日分の摂取ビタミンすべてをタバコ1本吸うことで破壊してしまいます。抗菌、抗酸化作用が一切なくなりますので、加齢臭が強くなります。

タバコのニオイ=加齢臭

タバコといえば、中年男性が吸うイメージがあります。そのため、タバコのニオイを加齢臭の一種ととるケースもあります。

もちろんタバコそのものニオイが体に染みつきます。タバコを吸う習慣があるだけで、体臭や口臭が悪化します。

禁煙をしましょう

タバコにより加齢臭は悪化します。加齢臭は加齢臭対策石鹸で体の表面をいくらキレイにしたとしても、体内の環境を変えて加齢臭が作られにくい体内環境へすることが重要です。

そのため、加齢臭や体臭を抑えるのであれば禁煙をすることが望ましいのです。しかし、禁煙をすることはストレスになるという方も多いはずです。ストレスは活性酸素の生成を促進させますので、いっきに禁煙をするのではなく徐々に喫煙量を減らすというのも手段です。

また、禁煙外来などを利用することで効率的に禁煙ができるでしょう。タバコを吸う動作が習慣化している場合、電子タバコのようなものを利用することも1つの手段であるといえます。

タバコに関しては、現在の医学では百害あって一利なしと結論付けられています。ますます喫煙者は迫害を受ける世の中になることが予想されますので、肉体的にも経済的にも、体臭的にも吸わないにこしたことはないでしょう。

まとめ

加齢臭を強める原因の1つとして、喫煙習慣がります。

喫煙をすることで下記の問題が発生するのです。

  • 活性酸素の生成量の増加
  • 新陳代謝の低下
  • ビタミンCの破壊
  • タバコのニオイが加齢臭の一部

これらの問題を一気に解決する方法としては、禁煙をするのが一番です。禁煙方法はさまざまありますので、自分にあったものを見つけましょう。

Pocket