Pocket

体臭については、10代~20代と30代とでは、ニオイの質が異なります。年齢により体臭の質というものは異なります。30代と40代とはニオイも異なります。今回は10代~20代の体臭と30代の体臭について異なる点を紹介します。

10代~20代の体臭

10代~20代の体臭は、加齢臭のような不快なニオイとは少し異なります。10代~20代の体臭の場合は「ツン」としている点が特長であるといえます。10代~20代のような若い頃は、30代や40代以降の加齢臭の原因となる「脂」が多く分泌されません。

しかし、その代わりに新陳代謝が活発になります。皮膚の新陳代謝が活発であり、体を毎日洗わなければ、新陳代謝によって皮膚がアカとして溜まり不愉快なニオイを発します。また、発汗量も30代以降の男性とは異なります。

つまり、10代~20代のニオイの原因は、アカと汗を皮膚の常在菌が分解することで発する、鼻につく「ツン」とした体臭となるのです。スポーツで大量に汗をかき、そのまましばらく放置した後にするニオイというのが、10代~20代の体臭を表現する上では的確な表現になるでしょう。

高校生や中学生で、汗をかく部活動に加入している場合、その部室のニオイといえばなんとなく理解できる方もいるかもしれません。あのような鼻につくキツイニオイです。

しかし、加齢とともに新陳代謝は低下していき、10代~20代の頃のようなニオイというのは徐々に発することがなくなります。

30代以降の体臭

加齢と共に新陳代謝の量は減りますが、加齢臭に原因になる「脂」の分泌が増えていきます。30代で分泌のピークを迎えるが「ペラルゴン酸」です。20代後半から徐々にペラルゴン酸が分泌されます。新陳代謝の量がそれなりにある場合、ペラルゴン酸と10代~20代特有のツンとしたニオイと混ざってしまい、非常にキツイ体臭となってしまうこともあるようです。

そのため、20代後半~30代の体臭マネジメントの重要性は高くなります。30代のペラルゴン酸が体臭・加齢臭の原因になりますが、40代になるとペラルゴン酸ではなくノネナールが原因の一般的な加齢臭へ発展するのです。ただ、30代~40代以降の体臭・加齢臭の原因というのは皮脂腺から分泌された「脂」の酸化が原因で起きます。

30代~40代の体臭については10代~20代と異なり、脂臭いという特長があります。

10代~20代と足のニオイ

足のニオイは、10代、20代、30代、40代と年齢を重ねても変化はしません。その理由として、足からは皮脂が分泌されないからです。そのため、足のニオイというのは加齢をしても変わりません。

足のニオイの原因は新陳代謝により出てくる角質と汗を皮膚の常在菌が分解することでニオイを発します。そのため、10代~20代の体臭と足のニオイというのは非常によく似ているわけです。そのため、きちんと体を洗わない場合、全身から足と同じニオイがするのです。汗と角質を石鹸などで洗い流すことでニオイを抑えることが可能です。

若い人の体臭、ワキガなどの例外は除き、基本的に毎日入浴をしてしっかりと石鹸で洗い、皮膚の常在菌や雑菌を殺菌することで体臭を十分に抑えることができるわけです。年齢を重ねるごとにニオイの原因は異なりますので、ただの入浴だけでは体臭を抑えるのは難しくなります。

まとめ

10代~20代の体臭は、皮膚の常在菌が汗や角質を分解することで発生するツンとしたニオイです。10代~20代は新陳代謝が活発なので毎日入浴しなければ、体臭は強くなります。ニオイの質としては足のニオイと非常によく似ています。

30代以降の体臭は脂っぽいニオイに変化します。30代以降は皮膚の皮脂腺から「脂」が分泌され、それが酸化することにより体臭・加齢臭となります。特に新陳代謝がまだ活発なときに「脂」の分泌も活発になると2種類のニオイが混ざり悪臭となります。

30代以降は脂が酸化することで発生するニオイであり、対処の方法も異なります

Pocket